So-net無料ブログ作成

天滝 [滝]

【天滝】日本の滝100選 但馬三名瀑
 2009年11月初旬訪問
buroguPB027694.jpg

 buroguPB027672.jpg buroguPB027675.jpg buroguPB027671.jpg buroguPB027728.jpg
  buroguPB027666.jpg buroguPB027743.jpg buroguPB027687.jpg
 兵庫県養父市大屋町
 落差:98m
 分類:直瀑+分岐瀑

天滝は、兵庫県養父市の天滝渓谷にかかる落差98mの大瀑です。遥か上空から降り注ぐ様は、まさに天から降るが如くであり、その姿は感動的ですらあります。また、森林浴の森100選にも選ばれている遊歩道沿いには数多くの滝があり、四季を通じて楽しむことができます。

buroguRIMG0312.jpg

さて、天滝渓谷の駐車場に着いたぼくは、さっそく滝まで歩くことにしました。しかしながら、渓谷の入口がわからず、もしやと思い近くのレストハウスで聞いてみると・・やはり、さらに上に駐車場があることが判明。徒歩で20分くらい違うらしいので、ならばと再び車に乗り込み入口近くの駐車場へ。

左:下の駐車場 右:上の駐車場
buroguPB027609.jpg buroguPB027611.jpg
この日は、雨が降ったり止んだりの繰り返しで(何故か常に天気雨、しかも2日間)天候が不安定でした。けれど、たまたまなのか行いが良いのか?着いたとたん快晴になり、これはチャンス!と急ぎ滝を目指すことに。

渓谷入口
buroguPB027613.jpg

とはいっても、天滝までは1.2kmあり、約40分の道のりです。意外とアップダウンもあり、不眠状態で歩くのはチトこたえます。でも、原生林が生い茂る遊歩道を歩くのは寝不足とはいえ気持ちがいいです。紅葉もとても綺麗。

右の夫婦滝は全容が見えていません
buroguPB027624.jpg buroguPB027626.jpg
ここの遊歩道沿いには、大小さまざまな滝があって久遠の滝、夫婦滝、鼓ヶ滝など次々と姿を現します。ちょっとゆっくり見ている余裕はありませんでしたが、なかなか面白い渓谷です。中でも、鼓ヶ滝は落差があって、なかなか見ごたえがあります。

左画像が鼓ヶ滝 水量が多いと2筋になるようです
     buroguPB027632.jpg buroguPB027633.jpg
さて、しばらく歩くと天滝不動尊がある休憩小屋が見えてきました。して、その先を見ると・・・おお!天滝が見えるではないですかぁ!こいつは・・見上げるほどでかいです!

休憩小屋から天滝を
buroguPB027660.jpg

休みがてら、ここでしばらく滝見物したのち、鉄製の頑丈そうな階段を上り三社権現社殿がある観瀑所へ。休憩小屋から約100mほどです。観瀑所からは、さらに近くなり滝の中腹くらいから眺める感じになります。

休憩小屋先の鉄製の階段 ここまで来ればあと一息
buroguPB027649.jpg

それにしても、素晴らしい滝です。今まで見た中でもトップクラスです。まさに、天から降ってくるようで感動してしまいました。う〜ん、言葉がない。

buroguPB027722.jpg

 buroguPB027719.jpg buroguPB027742.jpg buroguPB027713.jpg buroguPB027657.jpg
しばらく写真を撮ったりぼけーっと眺めていたら、いつの間にか強風が吹き始め、とんでもない数の木の葉が舞い始めました。桜吹雪ならぬ木の葉吹雪です。こりゃ凄いものを見れたなと思っていたら・・一緒に雨も降ってきまして、こいつはかなわんと三社権現社殿へ引き上げることにしました。

木の葉吹雪の天滝
buroguRIMG0309.jpg

社殿に行ってみると、すでに南米人の方が雨宿りしていたので、しばらく彼と談笑。京都の方から来たらしく、宮津市の金引の滝も綺麗だよと勧めておきました。彼からは、大江山にも良い滝があるよなんて教わりましたが、よく知ってるなぁと。

観瀑所前の三社権現社殿と案内板
buroguPB027745.jpg buroguPB027740.jpg
まだ手持ちで撮っていなかったので、しばらく話しながら止むのを待っていたんですけど、いよいよ時間がなくなってきたので、彼と握手しながら名前を教えあい、ぼくは先に下ることにしました。

クリックすると大きくなります
buroguPB027749.jpg

駐車場に着く頃には、また晴れ間が広がってきましたが・・彼はいい写真が撮れたかな?しかし、本当に良い滝でした。今度は、嫁さんも連れて来ようと思います。

県道48号線沿いから天滝渓谷入口に入る。すぐにレストハウスが見え始め、その下に大きめの駐車場がある。ただし、混雑していなければ渓谷入口近くの駐車場に止めた方が良い。徒歩で20分程度違ってくるみたいで、車道の傾斜もけっこうある。トイレは渓谷内には無いので駐車場で。天滝までは、徒歩30〜40分程度のハイキングになる。遊歩道はよく整備されていて歩きやすいが、せめてスニーカーを履いていないと大変だと思う。渓谷沿いは多くの滝があり、また秋は紅葉が素晴らしく気持ちがよい。新緑の季節も素晴らしいと聞く。見どころは大きく分けると、天滝不動尊の休憩小屋、三社権現社殿がある観瀑所、遊歩道奥の左岸一帯の3つ。滝直下まで行けると聞いていたが、暴風雨になってしまったので断念した。



タグ: 兵庫県 天滝
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 4

ダイゴ

こっちはもう日記UPしてたのね^^;
mixi動画にコメント書いてすぐに「あ、ブログ!」と思って見にきてみたら。

南米人さんは日本語ペラペラ?(笑)
by ダイゴ (2009-11-10 21:53) 

hamagen

ダイゴさん>
南米人さんはペラペラだったよ(笑)

そのうちmixiにも日記書くね!
by hamagen (2009-11-11 09:33) 

しゃけ

天滝はその名の通り、まさに天から落ちてくる
ような滝ですよね。私もお気に入りの滝の一つです。
by しゃけ (2009-11-14 13:34) 

hamagen

しゃけさん>
コメントありがとうございます〜。いい滝ですよね。ほんとに天滝でした。
関西方面には、なかなか行けないですが、いつか再訪したいと思います。
by hamagen (2009-11-14 14:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。