So-net無料ブログ作成

ゼロ磁場?分杭峠 [自然]

【分杭峠】2008年4月中旬

分杭峠とは、長野県の伊那市と下伊那郡大鹿村の境に位置する峠で、中央構造線という日本最大の断層上にあります。また、ここはパワースポットとして有名らしく、そのズレた断層から「気」を発生させるゼロ磁場地帯として知られているそうです。

くわしくは伊那市H.Pで→http://www.city.ina.nagano.jp/view.rbz?nd=95&of=1&ik=1&pnp=38&pnp=76&pnp=95&cd=157

buroguP4192335.jpg

さて、分杭峠の駐車場に車を止めて「ゼロ磁場(気場)」と書かれた看板に従い遊歩道を歩いて行くと、気場と思われるひらけた場所に出ました。段々状になっていて、座って休憩できるようになっています。

正直、ぼくは「気」というものがよくわからないので、深呼吸程度ですぐに引き上げましたが、嘘か本当か、その「気」が健康に良いといわれていて、たくさん人がここを訪れると聞きます。パワースポットブームですしね。(後で画像を確認したらここの写真を1枚も撮っていませんでしたzzz)

buroguP4192339.jpg

次に、駐車場上にある林道から水場へと向かいました。某サイトによると、この水場が本当の気場らしいんです。これも嘘か本当かわかりませんが、そんな情報を得ていたのでちゃんとペットボトルを持参して目的地へ。

途中、崖崩れしている場所があり道に自信がなくなってきたので、すれ違った感じの良いご夫婦に聞いてみたところ(ポリタンクを持っていたので)「すぐそこだよ」とのことで一安心したのも束の間、「変な人たちがいるから、早く汲んじゃいなさい。今なら大丈夫」とおっかないことを言うんです(場所を教えて頂きありがとうございました)。

         パイプから水が出ています 沢の岩の色が印象的
buroguP4192342.jpg

たしかに、その水場の近くに目をやるとテントを張った数人の集団がヨガだか瞑想みたいなことをし始めようとしているのが見えます。あぁ、たぶん何らかの理由で「氣」を取り込もうとしてるんだろうなと思いつつ、特に危険も感じないのでかまわず水を汲んだんですけど、傍から見ればやはりハテナ?って感じに見えるんでしょうね。悪気が無いのはわかるんだけど・・まだ、雪が残る寒い日にご苦労様って感じでした。

         林道の崖崩れにて 今は直っているかも
buroguR0010965.jpg

で、この水場ですけど当然「気」はわからず、ただ水を汲んで帰ってきたんですが、飲んでみたら何と美味しいこと!ここに来たら気もいいけれど、水もぜひ飲んでみてほしいですねっ。

       林道入口付近にある標高1424m看板 この時期はまだまだ寒いです
buroguP4192345.jpg

林道の途中に、最初に行った気場を見下ろせる場所があるんですけど、いつの間にか多くの人が集まっているのが見えました。おばあちゃんを連れた女性に「気が身体に良いと聞いたから来たんだけど遠いですか」と声をかけられ行き方を教えてあげたんですが、けっこう一般の人にも知られているんだなぁという印象でしたね。スピ系だけでなく。ぼくは・・スピ系わりと好きだけど、どちらかというと一般ですね、ある意味大嫌いだからハハハ。

効果は二の次で、まずはその場を楽しむってのがいいんじゃないでしょうか。よほど好きじゃなくちゃ通えないし。
気場近くに大きめの駐車場があるのでわかりやすい。気場までは未舗装の遊歩道だが、よく整備されている。観光地という感じだ。水場までは、駐車場上を走る林道を行く。少々荒れているが10分もかからぬうちに着く。崖崩れ等がなければ車でも進入出来ると思う。



追記:この記事は過去に溯って記しています(2009/6)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

高遠城址公園の桜光前寺のしだれ桜 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます