So-net無料ブログ作成

滑川温泉 福島屋 [温泉]

【滑川温泉 福島屋】(山形県米沢市大沢滑川)
 2007年9月下旬 1泊

buroguP9220873.jpg

米沢十湯に数えられる滑川温泉福島屋さんは、狭い峠道を数キロ走ったところにある秘湯の一軒宿です。始まりは、250年前に上杉藩主の許可を得てここのご先祖様が開湯したそうで、発見はさらに530年も前のことだとか(福島屋H.P参照)。

buroguP9220857.jpg

さて、チェックインを済ませて通されたのは一番はじっこの角部屋でした。予約時に「一部屋だけ空いているけど狭いです」と聞いていたし、2人だから別にどこでもかまわなかったのだけど、考えていたよりも広くてぜんぜんOKでした。関係ないけど、係の人の「でっす」調の方言には驚きました。初めて生で聞いたので。

buroguP9220865.jpg buroguP9220868.jpg
で、着いたらすぐに風呂!といきたいところでしたが暗くなっていたしお腹も空いていたので、とりあえず先に夕食を頂くことに。

味は、山の宿らしく素朴な感じでどれも美味しかったです。とくに山菜や鯉のあらいが美味しかったですね。あと、泊まる前に頼めば、米沢牛やヤマメの骨酒等(別料金)も出てきたんですけど、追加の電話をし忘れていました。係の人に聞いたら当日だと間に合わないようです。嫁さん、ごめんよ。ちなみに、部屋出しです。

buroguP9220878.jpg

夕食後は、待ちに待ったお風呂へ!ここは露天風呂と内湯があって、まずは露天の岩風呂へ。暗くてどんな景色かわからなかったけれど、やっぱり外は開放感がありますね〜。川沿いなので流れの音も気持ちいいです。ちょっと画像はないんですけど、基本混浴なのでそのつもりで。

早朝の内湯(混浴大浴場)
buroguP9230892.jpg

同じ内湯を別の角度から
buroguP9230896.jpg

内湯は、湯治場らしい雰囲気です。お湯は、青白く濁っていて硫黄臭がしました(露天も同じ)。ぼく的には、露天風呂より趣があるこっちの方が好きかも。また、加水加温なしの源泉かけ流しというのもいいじゃないですか〜。あと、ここも混浴なので、おばちゃんたちとかちあったりして面白かったです。内湯は他に女性専用もありました。

buroguP9230883.jpg

朝、起きてみたら霧が出ていました。今日は、近くの滑川大滝を見に行く予定なのに。。晴れればいいけどと思いつつ、再びお風呂でーす。露天へ行ってみたら、すでに仲の良さそうなご夫婦が入っておられたので、お邪魔かと思い内湯へ。朝風呂って気持ちいいですよね〜。その後、再び露天へ行ったら、まだご夫婦が居たのでしょうがないかと思いお邪魔することに。スミマセン。

buroguP9230885.jpg

朝食も美味しかったです。いやいや、ゆっくりできました。

buroguP9230948.jpg

ちなみに、ぼくらは1泊9000円台でしたが、湯治プランならばもう少し安いみたいです。自炊棟は江戸時代の建物をそのまま使ってるらしく、ちょっと見てみたかったですね。その他、詳細は宿へ直接電話してみて下さい。か、H.Pを。

buroguP9230947.jpg

宿の隣を流れる川に小さい滝があって、名前は分からないんですが、夜寝る時に「さー」という音が聞こえてきて心地よかったです。温泉と川のせせらぎくらいしかない静かな秘湯の宿でしたが、逆にそれがゆっくり出来ていいと思うんですよね。また泊まりに行きたいと思います。
http://www.ne.jp/asahi/namegawa/hukusimaya/
↑ホームページです。

※この記事はブログを始める前の旅行記です。情報が古いので福島屋さんのH.Pを参考にして下さい(記:2009/10/10)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

裏磐梯にて滑川大滝 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます